10// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //12

文藝散道*お知らせブログ

SNS発・創作サークルが文学フリマに出展します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   本文: --   

page top△

三題小説2

三題:山道 依存 豚

シモソネ作 (2ver.)あります。

山道を抜けたその先に目的の居酒屋は建っていた。席に着いた私に店主が品書きを渡す。
醜い火傷の跡を隠そうともしない気さくな笑顔。『オススメメニュー 豚足!』の文字に、はらわたが煮えくり返る思いがした。
今でも後悔している、私に依存しきった子供たちに自立を促したことを。
今でも忘れられない、粗末な小屋の残骸を目にした時の絶望を。
こんなことで私の罪は消えないけれど、待っててね、愛しい息子たち。外道の皮を被った私はコートのポケットにそっと手を差し入れた。


山道を抜けた先にその居酒屋はひっそりと建っている。店主の狼は顔の古傷を摩りながら取材に応じてくれた。
――人気のメニューは豚足だとお伺いしました。
「おうよ。アレを初めて食ったのはあいつ等を襲った時だ。小賢しく小屋に立てこもったあの三匹の兄弟さ。ケガの功名ってヤツかねぇ」
――よく無事でしたね。
「まぁな。暖炉の窯にはビビったが、熱湯くらいで死んでたまるかよ」
よく言う。命乞いに応じてしまった三男の、あの子の良心に依存して生きながらえたくせに。
でも、今日でこいつの命も終わる。待っててね、愛しい息子達。外道の皮を被った私は懐にそっと手を差し入れた。



-----------------------------

もうエリ作

今日も電話のベルが鳴らないことに、私は不満たらたらだ。
恋人が潜水艦勤務になってしまったことに問題がある。
元から一年の内半分以上は海の上にいる人だったけど、そこから更に連絡を取ろうにも取れない日が増えることになった。
彼と話せない日が続き、私はそれが重大なストレスだということを思い知った。

猪突猛進なところのある私をよく知っている人は、「結婚までいってないのに別れてないなんて不思議」と言う。
その度に私は、彼の同僚の奥様が結婚について口にした、
「山道を登って登って、頂上についたと思ったらまた次の頂きが見える。この職に就いている人の妻になるということは、そんな終わりのない登山のようなものもの」
という話を思い出す。
そんな耐え忍ぶような人生はゴメンだったし、積極的に結婚を選ぶ気は起きなかった。

かといって、じゃあ別れようともならないのだから不思議だ。
私はただ、あの無愛想で無口な男が、必死に言葉を紡いで私に日々のことを伝えようとする、あの時間を欲していた。
もしかしたらそれは依存かもしれない。
恋に夢中な周りの見えない子供ではあるまいしと笑ってしまうが、でもそれだけの価値があるのだ。
離れてる時間が愛を育てるとか、そんな歌が昔あった。

やがてベルがなった。
すぐに電話に出てそうになるのをぐっと堪える。
待ってたことを悟られたくない。
けれど心中は喜びで一杯だった。
不思議なことに待つのも悪いものじゃないなんて思えてしまう。
猪は飼い慣らされて豚になってしまったのかもしれない。
私は平静を装って通話ボタンを押す。
もし彼が結婚しようと言ってきたら、どうしよう。
今なら頷いてしまうかもしれない。
スポンサーサイト

category: もうエり

[edit]

page top△

コメント:

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック:
トラックバック URL
→http://bg3d.blog.fc2.com/tb.php/85-266c34b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。